ワキガ手術って痛いの?費用は?

ワキガに悩まされている方の中には手術を検討する方も多いかと思います。
しかし、手術となるとどのくらい痛いかや費用面も気になりますよね?
そこで、ここではワキガ手術の痛みや費用についてご紹介いたします。

ワキガ手術の痛み

現在主流の手術法は皮弁法というもので、脇の下を切開して目視でアポクリン腺を除去するものです。
術中には局所麻酔をするので痛みはありませんが、術後麻酔が切れてくると痛みを感じます。
この痛みは1週間ほど続くようです。

この痛みの感じ方には個人差が大きく、違和感を感じるけどほとんど痛みを感じないという方もいるようです。

手術費用

皮弁法で手術を行った多くの場合には保険が適用されます。
保険適用の条件は次のようなものです。

・健康保険で認められたワキガ手術(皮弁法)を行う
・医師によってワキガと診断されている

これらの条件を満たして保険が適用されると、診察料、手術費用、薬代などを含めて5万円ほどの費用となるようです。
保険が適用されない自由診療の場合には、手術方法などにもよりますが10〜30万円ほど費用がかかるようです。

手術には痛みが伴うこと、費用も比較的に高額になることから、なかなか踏み出せない方も多いようです。
手術を受けなくても、自宅でケアできるデオドラント商品などを上手に活用しながらニオイが気にならない生活を送ることはできます。