子供のワキガは何才くらいから発生する?

子供の頃は気にならなかったのに成長するにつれてニオイが気になるようになった。という方も多くいます。
ワキガは何才頃から発生するのでしょうか?
どんな要因が絡んでいるのかも含めてご紹介いたします。

ワキガはいつ頃発生する?

ワキガには遺伝的な要素も大きく、両親がワキガでその子供にも発生しやすいといいます。
しかし、赤ちゃんや幼児にはワキガになることはありません。では、いつ頃発生するのでしょうか?

成長期の影響

小学生から中学生にかけて、多くの子供が第二次性徴を迎えます。
体が子供から大人に変わるこの時期にアポクリン腺が刺激されてワキガが発生することが多いようです。
しかし、この時期には個人差も大きく、ワキガ体質であっても大人になっても発生しないということもあります。

突然ワキガになることも

両親など近い親族にワキガの人がいるとワキガになる確率は高くなります。
しかし、体質以外の要因も大きく関わっているので、今までは感じなかったのにある日突然ニオうようになったということもあり、そのような人にはいくつかの特徴があります。

食生活の変化により動物性たんぱく質の摂取が増えると、アポクリン腺が活発になりニオイが気になるようになる場合があります。
また、間違ったダイエット法によって過度な食事制限などを行うとニオイが出てしまうことがあるようです。