洋服のワキが黄ばむ=ワキガなの?

ワキガの人は洋服の脇の下部分が黄ばむトイウのを聞いたことはありますか?

確かにワキガの人は脇の下に黄ばみができやすいです。 しかし、それだけではワキガと決め付けることはできません。
そこで、 ここでは衣服の黄ばみとワキガの関係についてご紹介いたします。

何で衣類が黄ばむの?

衣類の脇の下部分が黄ばむのには、いくつかの理由があります。

制汗剤

汗やニオイを気にして制汗剤を使用している場合には、その制汗剤の成分が衣類に付着して黄ばみの原因になることがあります。

皮脂

汗と皮脂が混ざったものが衣類に付着すると、酸化した皮脂によって黄ばみが起こることがあります。
ワキガでなくても、多く汗をかく人は黄ばみができやすいと言われています。

リポフスチン

リポフスチンはワキガの原因でもあるアポクリン腺から分泌される物質です。
このリポフスチンには色があり、日本人は黄色〜茶褐色、欧米人は黒っぽい色だと言われています。
このリポフスチンが衣類に付着することで黄ばみが起こります。

ワキガの人はアポクリン腺からの分泌が多いので、衣類が黄ばみやすいですが、ワキガ体質でない人でもアポクリン腺はあるので、黄ばみができることがあります。