脇がニオう=ワキガなの?

汗をかくと雑菌が繁殖しやすく、ニオイが出やすくなります。
ニオイを感じると「私、ワキガかも…」と感じるかもしれませんが、脇の下がニオうからといってワキガとは限らないのです。
そこで、ここでは脇の下のニオイとワキガの関係についてご紹介いたします。

脇の下のニオイ

人が汗を出すための汗腺には2種類あり、「エクリン腺」は全身に分布しています。
一方ワキガの原因となる「アポクリン腺」脇の下、陰部、肛門、乳輪、耳の中など限られた場所だけに分布しています。

エクリン腺からの汗のニオイ

エクリン腺から出る汗の99%は水分なので、汗は基本的に無臭なのです。
しかし、汗の水分によって雑菌が繁殖すると皮膚表面の垢が分解されニオイが出ます。
これはいわゆる「汗くさい」ニオイです。
通常閉じている部分で湿気がこもりやすいことでも雑菌が繁殖しやすくなります。

アポクリン腺からの汗のニオイ

アポクリン腺から出る汗には、たんぱく質、脂質、糖質、アンモニアなどが含まれており、強いニオイを感じます。
このアポクリン腺が活発で、分泌される汗が多い人が「ワキガ」が発生している人です。
汗くさいニオイとは違い、独特のツンとしたニオイがするのが特徴です。

ワキのニオイ対策

エクリン腺からの汗によるニオイを抑えるためには、汗の量を減らすことが重要です。
体温調整を行うことはもちろん、緊張やストレスなどでも汗の量は増えるので、ストレス解消しながらうまく付き合っていきましょう。

また、暑くもないのに汗をたくさんかくという場合には、病気や更年期が原因になっていることも考えられます。
その場合には、適切な治療や対策を取ることが最優先となりますので、医師に相談してみましょう。