ワキガ手術のメリットとデメリット

ワキガであることを自覚して各種対策を行っても効果が限定的だと感じるならば、思い切ってワキガ手術を行う方法があります。ワキガが発生する原因は、アポクリン腺から出る有機物を含んだ汗だからこそ、そもそもアポクリン腺自体を切除して本数を減らしてしまえば良いわけです。では、ワキガ手術があるにも関わらず、なぜワキガでありながら手術を行わない人がいるのでしょうか。

■ワキガ手術に成功すれば臭いを気にせずに済む

ワキガ手術は臭いの原因となる有機物がアポクリン腺を通して出ないようにすれば良いので、アポクリン腺自体を切除する方法です。複数の手術方法が行われており、保険適用の範囲内であっても次の3種類が行われています。

皮膚切除術

脇の下で毛が生えている部分の皮膚を切り取って、アポクリン腺だけでなくエクリン腺も含めた汗腺そのものを皮膚ごと取り去る方法です。切り取った皮膚の左右から寄せて縫合することになるので、皮膚が伸びるという性質を利用しています。

皮弁法

脇の下を切開して皮膚を裏返し、医師がアポクリン腺を目視確認しながら個別に切除する方法です。精密な手術となるだけでなく、アポクリン腺を見抜いて選択しながら切除するので、エクリン腺はそのまま残るというメリットがあります。手術に成功するとワキガの発生原因となる有機物を含んだ汗が出ないため、ワキガ手術の中でも依頼した医師のウデが良ければ満足度が高い方法です。

小切開法

皮弁法よりも更に小さな切開を行い、専用ローラーを皮膚の下に入れて汗腺のみを切除する方法です。アポクリン腺とエクリン腺の両方を取り去ってしまうので、エクリン腺を残すことよりも傷の小ささを優先する場合に適しています。 上記3つの方法以外にも自由診療という形ならば、クワドラカットや無切開法も考案されており、費用面の心配がなければ複数の方法からワキガ手術を選べます。

■ワキガ手術は失敗すると後遺症が残ることがある

ワキガ手術の方法は多岐に渡るので、どの方法を採用したかといった選択により効果の出方に違いが生まれます。ワキガ手術を行う上でのデメリットは、主にリスクに関するものが含まれると知っておかなければなりません。

手術失敗リスクを覚悟しよう

ワキガ手術を行えば必ず成功するとは限らず、神経を傷つけてしまい脇の下の感覚が鈍くなってしまうリスクがあります。また、皮弁法については依頼する医師のウデに全てがかかっているので、アポクリン腺を見つけ出して切除する技術次第で除去率が大きく変わってしまいます。ワキガ手術を行ってもアポクリン腺が多数残っていたら、ワキガ臭の強さに変化が無いといったこともあり得るわけです。

代替発汗により他の部位が臭くなる可能性

ワキガ手術により脇の下から出るアポクリン腺経由の有機物を含んだ汗が一気に減少しても、代替発汗により他のアポクリン腺から本来脇の下から出る汗の量が吹き出てしまうことがあります。代替発汗が起きてしまうと、アポクリン腺が多く分布している乳輪や外陰部といった部分でチチガやスソワキガが発生しかねません。

■まとめ

ワキガ手術を受ければ、アポクリン腺の数そのものを減らすことができるために、ワキガ臭をある程度減らせると考えられます。しかし、ワキガ手術の方法が自分に合ったものかどうかを冷静に判断しなければ、満足できる結果とはなりません。ワキガ臭を根本的に無くしたいと考えているならば、ワキガ手術を行うリスクを把握した上で、それでもメリットが大きいから行うといった後悔しないだけの理由付けが求められます。