体臭がひどい?その原因と対策方法

<菌の影響で臭う>

体臭の原因は汗や皮脂というイメージがありますが、実際にはほぼ無臭です。本当の原因は、それらが皮膚の常在菌と混ざってしまうことです。
汗や皮脂は、細菌に混ざると分解されていきます。その過程で臭いが出るため、体臭が強くなるのです。
また、汗の中のたんぱく質も問題です。脇の下などにあるアポクリン汗腺の汗には、少したんぱく質が入っています。それが菌に混ざって分解されると、やはり嫌な臭いがしてきます。

<疲れやストレスで臭うことも>

体に蓄積された疲れやストレスは、血液の中のアンモニアを濃くしていきます。すると、汗の臭いも強くなってしまうのです。
仕事のストレスなどで汗が出たとき、ツンとした不快な臭いが気になるようなら、アンモニア濃度が上がっている状態です。
臭いの悩みを解決するなら、仕事でたまった疲れやストレスは、きちんと解消していきましょう。

<外出前の準備で汗を抑える>

強い体臭を防ぐためには、体に長時間残る汗や皮脂を減らすことが大切です。それらが菌に分解されて臭いが出るので、体から落としておくことは、重要な対策になります。
外出の前にはなるべくシャワーを浴びて、寝ている間に出た分を洗い落としてください。時間がないときは、汗拭きシートでも構いません。
また、制汗スプレーなどもうまく使っていきましょう。できる限り汗を抑えておけば、外出先での臭いの発生も回避できます。

<適度に汗を出す>

汗の分解はなるべく避けたいものですが、まったく汗をかかない生活はよくありません。あまりにも発汗が少ないと、汗腺の機能低下で汗の質が落ち、臭いが強くなる可能性があります。
それを防ぐには、仕事以外の時間で汗を出すようにしましょう。定期的に運動する習慣をつければ、汗の質の低下は起こりません。
無理をすれば続かなくなるので、軽いジョギングやウォーキングなど、簡単にできそうな運動を選ぶのがおすすめです。

<普段の食生活を見直す>

肉中心の食生活は、たんぱく質を大量に摂取することになります。それでは、菌による分解のリスクを高めてしまうので、注意してください。
たんぱく質の消化には多くのエネルギーが必要になるため、発汗しやすくなることも、よくないポイントです。たんぱく質を含む汗がたくさん出てしまうので、肉ばかり食べないようにしましょう。
また、脂肪にも要注意です。脂肪の分解も臭いが強くなりがちなので、バターや生クリームの食べ過ぎは控えてください。
抗酸化作用のある緑黄色野菜は、たんぱく質や脂肪による臭いを抑えるので、積極的にメニューに入れていきましょう。

<まとめ>

体臭の悩みは大きなストレスになることもあるので、軽視してはいけません。ここで紹介した原因や対策を参考にして、しっかり悩みを解決していきましょう。
臭いのストレスがなくなれば、健康的な生活を送ることができます。