体臭がひどくなる生活習慣と解決法

体臭は生まれつきだと考えているならば、実際には生活習慣次第で濃淡が決まると知ると驚く人が少なくありません。日本人女性は特に体臭に対して敏感だと知られており、ワキガ持ちの割合が少ないことも体臭を意識しやすいことに影響しています。

■体臭は生活習慣次第で強くなる

体臭には一種の性的フェロモンも含まれており、全く無臭の人間はいません。かつては体臭が濃いほど魅力的だったという時代があったものの、現代日本では体臭は少ないに越したことはありません。では、どのような生活習慣が体臭を濃くしてしまうのでしょうか。

肉類の摂取比率が高いと体臭は濃くなる

伝統的な和食中心の食生活をしている人が肉類の欧米並みな食生活へ切り替えると、友人達から体臭が濃くなったと指摘されることがあります。余程親しい間柄でなければ指摘してもらえませんが、実際に肉類中心で脂肪過多な食生活へ切り替えると、酸性食品が多くなるために体臭が濃くなります。また、糖質制限ダイエットを行っていると体臭が濃くなることは知られていて、ケトン臭と呼ばれる独特な体臭です。

シャワーのみで済ませると体臭は強くなりがち

日本人の体臭は比較的少ないとされていますが、入浴習慣も1つの理由だと知っている人がどれだけいるでしょうか。欧米の人達で浴槽に10分以上浸かるといった人が少ないことは、そもそもバスタブの深さが異なる点からも明らかです。浴槽へしっかり浸かることにより、毛穴に溜まった皮脂汚れがシャワーだけの場合よりも遥かに多く排出されて体臭が軽減されます。

ストレスが多いほど代謝が落ちて体臭が増す

ストレスが多い生活をしていると、体内で活性酸素が発生して体内を酸化しやすくなります。ストレスにより代謝が落ちると、ただでさえ酸化された皮脂が更に体臭として体外に出るようになり、結果的に体臭が増してしまいます。

■食生活と運動習慣で体臭を抑制してみよう

体臭が濃くなったと感じた場合には、食生活と生活習慣を見直すだけである程度軽減することが可能です。具体的には、アルカリ性食品を摂取するよう心がけて、汗をしっかりかくだけの有酸素運動を行うことが望ましいです。

アルカリ性食品を積極的に取り入れよう

酸化が原因で体臭が濃くなるならば、酸性食品の肉食中心からアルカリ性食品の野菜中心へと食生活を改善させることで体臭を少なくできます。偏った食生活を避けて、血液がサラサラになるよう注意するだけでも体質改善に繋がります。

発汗と有酸素運動により新陳代謝アップを狙う

新陳代謝が悪い状態では、体内で発生した活性酸素を体外へ排出する能力が落ちてしまうので、適度な有酸素運動を行うことが望ましいです。有酸素運動を行えば発汗作用だけでなく、新陳代謝が活発になり老廃物を体外へ排出する力が増えます。また、ストレス発散効果も運動により期待できることから、体臭軽減に役立つわけです。

■まとめ

体臭の濃さは新陳代謝が落ちてストレスを溜める生活を行うことにより濃くなってしまうので、体内が酸化しすぎないように食生活と有酸素運動により改善することが望ましいです。肉食ばかりでは酸性に身体が傾いてしまうので、アルカリ性食品として知られる野菜をバランスよく摂取する必要があります。新陳代謝を高めるために有酸素運動を取り入れると、同時にストレス解消にもなるために抗酸化作用から体臭軽減にも役立ちます。