汗が臭い?その原因と解決方法

真夏に汗を沢山かいた時には、思わず自分が汗臭いのではないかと考えてしまいます。確かに汗をかいてから数時間経過すると、汗臭さが出てしまいますが暑くない時にも汗が臭いと感じることが珍しくありません。では、汗が臭くなるためにはどのような原因があるのでしょうか。

■汗は無臭なのになぜ臭いがすると感じるのか

意外に思われがちですが、実は汗そのものはほとんど無臭です。人間の皮膚にはエクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる2種類の汗腺が存在しますが、主に体温調節に使われる暑いと感じた時に出る汗はエクリン腺から出る大半が水分でわずかに無機物が含まれる汗です。一方、アポクリン腺は体温調節とは無関係に、緊張した時や興奮した時に出る有機物を含んだワキガ臭の原因となる汗です。

汗そのものは無臭であっても肌の常在菌が汗を分解して悪臭を放つ

汗そのものは本来無臭であって、実際に汗臭く感じるのは肌の常在菌が汗を分解して悪臭を放つからです。肌の表面には誰もが常在菌を抱えていて、体温と汗による水分により常在菌のうち嫌気性細菌により分解されると悪臭に繋がります。特にアポクリン腺が発達しているワキガ持ちの場合には、エクリン腺とは異なり有機物が含まれるために嫌気性細菌が活発となりやすいです。

疲労やストレスから発生する汗の臭いは血中アンモニアが原因

汗をかく時に毛穴から一緒に出てくる無機物として、アンモニアが含まれていると「ツン」としたアンモニア特有の臭いが発生します。エクリン腺から出る汗は、血液中の水分が濾過されて気化熱により肌の表面温度を下げることを目的として出る仕組みです。汗が血液から作られることから、血中アンモニア濃度が高いと汗にも一部溶け出して特有のアンモニア臭が含まれてしまいます。疲労が蓄積して腎機能が定価している場合や、ストレスにより血中アンモニア濃度が高まっていると汗に含まれるアンモニア濃度まで上がってしまうと考えられます。

■汗の臭い対策は複数組み合わせると効果的

汗の臭い対策は、どのような汗の臭いを予防したり消したいと考えているのかといった事情により複数の対策を講じると効果的です。ポイントとなるのは、汗が臭いと感じる原因が皮膚の常在菌による臭いと、ストレスによるアンモニア臭といったどちらの原因となっているのか把握することです。

常在菌による分解臭は原因物質を取り除くことが先決

エクリン腺から出る汗を対策するならば、制汗剤や皮膚の常在菌を殺菌するワキガクリームを塗るといった方法が一般的です。実際には脇汗パットにより汗そのものを吸収させてしまうことにより、汗と常在菌を分離してしまえば分解臭は生じにくくなります。一方、アポクリン腺から分泌される汗については、こまめに拭き取るかいっそのことアポクリン腺除去手術を行ってしまうといった方法が現実的です。

アンモニア臭は疲労やストレスを溜めなければ防げる

汗の臭いの中でも制汗剤や脇汗パットで防げないものとして、疲労やストレスが原因となって生じるアンモニア臭があります。血中アンモニア濃度を下げてしまえば、汗として出てくるアンモニア自体の濃度を下げることができるからこそ、疲労やストレスを溜めずに適度な有酸素運動でストレス発散を行うことが望ましいです。

■まとめ

汗が臭いと感じた時には、臭いの原因が分解臭とアンモニア臭のどちらなのかといった原因を探ることが重要です。原因さえ分かってしまえば、制汗剤やワキガクリームだけでなく脇汗パットといった対処グッズを組み合わせて汗の臭いを抑えることができます。疲労やストレスが原因となるアンモニア臭については、そもそもぐっすり睡眠をとって有酸素運動でストレス発散させてしまえば気にならないレベルまで血中アンモニア濃度を下げられます。